私ヨ

いらっしゃいませ。ここは転載禁止です。ここのSSは実在の団体、名前、その他色々とは異なります。東方の一般的な二次を扱わないサイトですので「PAD長」や「ニート」をwktkしている人は他の素晴らしいサイトに行くことを推奨します。

スポンサーサイト

2009.05.07 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

1話

2009.03.08 Sunday 19:28


今回のネタ。

プロ野球球団巨人の誰かのインタビュー「自信が確信に繋がりました」みたいな発言。自信が確信に変わりましただったかな。

SF?のユリアンとギル。ギルのディレクションにはロマンがある。失敗しないように設定してもいいけど失敗するからこそ面白いと思う。ユリアンは下敷き屋です。

パワポケ6の表サクセス?社会人編。最後に「1、このまま未来に帰る。2、やっぱりここにいる。※1を選ぶと選手登録できずにパワポケポイントになります」みたいな選択肢がある。※を見ずに登録したい選手で1を選んだ私は何だろうか。登録したい選手で犬ポイントを100にしてしまう馬鹿だろうか。メカ亀田のために前日に体力を全回復する私だろうか。




前回までのあらすじ。

1、輝夜が永淋に家出宣言をした。




わからないネタもあると思うのでなるべく控えます。自信から確信になったという台詞はわかる人いるのかよ、巨人ファンやプロ野球好き以外で。

「〜じゃ」や「〜が」や「〜じゃないんですか」は合わないので使わないようにしています。使ったところは冗談で言ったからそうなりました。

咲夜は現代の人だと思うからじゃが派にしました。じゃが派=じゃやがを使う派。けれど割合はじゃがの方が低い。つまり曖昧派。

早苗さんもじゃが派です、霊夢は曖昧派です。魔理沙は思いっきりじゃが派です。じゃが派じゃない魔理沙はうふふの魔理沙だ。

にほんごむずかしい、ねー。

げいじゅつもむずかしいんだよ、ごりらのしでわかるね。

輝夜の台詞は片仮名を減らそうと思っているのだがなかなか減らない。

ここの輝夜はうp主と繋がっているから色々なことを知っているんだよ、そういう解釈してね。




文章の誤字はわざとです。

書かなくてもいいけど動画でそんな米があったからな。

まあ、あったら説明しますよ。




うみですという動画があるけどあれみたいに頭脳プレイはできないかもしれない。



 
 




「ただいま」

あーおちつくわーこのかんじー。いえっていったらやっぱりこれよねー。きょうもはくはつみたいなぎんぱつでなによりだわー。

「ただいまってまさか本当に家出をして来たのかしら」

「反省はしてないわよ」

「食事はどうするの」

「さあ、どうなのかしら。死なないから食べなくても平気だと思うけどね、変な細工が無かったら」

なにせ薬を作った人があれだからねえ。普通の不老不死の薬だったら食事なんてしなくていいはずなんだけどだったらなんで作るのだったらなんで睡眠なんてするの不老不死だからそんなことをする必要性はないはずなのにと思うわ。

「一応パチュリー様に聞いてきなさい、不老不死の定義くらい知ってもいいでしょう?」

「いいけど面倒臭いわね」

「終わったらお嬢様のところに行ってこれからどうするのかを話しなさい」

「もっと面倒臭いわね、面倒臭すぎて歩かなくなったわ」

「全て貴女のことよ」

「面倒臭いから歩かない故に面倒臭いから歩くのよ」

面倒臭いから歩きたくない気分ではないけど歩かずにさくやんに煩く言われるのが面倒臭いから歩く、日本人なら母国語くらい理解して欲しいわね。実は裏では「チョーメンドイシー」だったら日本語理解できなくて当然だけどにほんごむずかしいで当然だけど。




「不老不死は死なないのか、そんな本あったかしら」

「不老不死は空腹にならないのかよ」

「居候のくせに生意気ね」

「メイドではないから敬語を使わなくていいのよ」

メイドだったら敬語を使って「パチュリー様、臭いですね」みたいなことを言わないといけないけど生憎私はメイドではなくてただの居候、敬語なんて使わなくていいわ。

「私の答えはそうかもしれない」

そうかもしれない、つまりそうでないかもしれない。正直言うとわからないということね。

「不老不死になることは三次の世界ではありえないことで理由は体の機能の限界を超えているから」

体の機能?と言ったら話が長くなりそうだから打ち切り。

「永淋っていったかしら、正真正銘の天才ね」

まあ、それは、私の従者ですから、うん。天才で運動神経よくて美しい、ただ服装がどこかのリザレクション+褌と被っている。今にも白い羽を使ってゲージ技を使いそう。学校の教師や生徒だったら人気ナンバーワンで霊夢なんて敵じゃねえなんだけど。胸でかいし。

「かもしれない理由はユリ、永淋が仕組んでいるかもしれないからかしら」

なんで下敷き屋の弟が出てくるのよ。私はリザレクションするけど直ぐに攻撃されて失敗しちゃう兄について考えたのに。

「そう」

「ありがとう、自信が確信に繋がったわ」




「こんにちは幼い主人さん」

「こんにちはって今は夜よ」

「レミリアちゃん、家出をした少女はどうすればいいと思う?」

「子供扱いしないで頂戴、背も合わさない」

「それは私の求めている答えではないわね、私は家出をした少女はどうすればいいのかを訊いているのよ」

「どうして家出をしたのかしら」

「なんとなくって言ってたわ」

「その少女はこれからどうするつもりなのかしら」

「さあ」

「その少女イコール貴女よね」

「そうよ」

「ここのメイドになるのなら構わないわよ」

何が構わないの?って言ってもいいけど相手が年齢はばばあ頭脳は子供だからいいか。私はロリコンでないから襲う気もないし襲われる気も無い。

「いいわよ、フランの玩具にされないという条件付だけど」

「フランが怖いのかしら」

「後が怖いからよ」

私は関係ないけど、ねえ。

「気をつけるわ」

「メイド服はどこにあるのかしら」

「咲夜に聞きなさい、その服をどうしたらいいのかということも含めて」

「メイド服だけど服は姫という個性ある人でもいいのよ?」

「却下、この館の主人は私だけよ」

子供が主人ってさくやんやパチュリーはよく我慢できるわね、さくやんは特別な愛としてパチュリーは何かしら。図書館にいれる権利の可能性があるわね。




咲夜はどこにいるのかしらって思ってフランのところに行ってもいいけど面倒臭いから答えの場所にさっさと行こう。




ほら、やっぱりここにいた。美鈴と何を話しているのか聞いてもいいけど勘違いされたら困るからやめよう。

「さくやん、メイド服はどこにあるのかしら」

「やっぱりメイドになるのね」

「え?輝夜さんメイドになるんですか?」

「住むのならメイドになりなさいって言われてね」

何時か「メイドじゃないから敬語なんて使わなくていいんだよ」みたいなことを言ったけどまさかメイドになるとは。フラグって恐ろしいわね。

「ここで着替えてもいいし私の部屋で着替えてもいいわよ」

「ここで着替えたいと思う変態に見えるのかしら」

「人の気持ちなんて本人にしかわからないわ」

「だからといって人殺しをするのはよくないわよね」

「人殺し程ではないと思いますけど」

外で着替えるということがどういうことなのかを美鈴を実験体にして美鈴に教えてあげたいわね。

「ついて来なさい」




「へえ、さくやんの部屋って立派ね」

うp主曰く「咲夜の部屋は原作に出てないからわがんねなんだけど綺麗だと思う」と。でももしかしたら実は汚い部屋ですというキャラかもしれない。けど汚くなる理由はどこにもないから綺麗な部屋ということでいいのだろう。趣味がわからないから布団しかない部屋しか想像出来ないが。

咲夜はメジャーを使って輝夜のサイズを測る。

「これが貴女のメイド服よ、私は部屋の外で待っておくから着替えたら今着ている服を持って出て来なさい」

と言って時を止めて退出しなくてもいいのに。

メイド服、これを着れば私は紅魔館のメイドになってしまうけど果たしてそれは正しい行動なのだろうか。

1、このままメイド服を着る。

2、やっぱりメイド服を着ない。

※1を選んでしまうと選手登録できずに萌えポイントになります。

「即答1番、着ないと煩いし」




「へえ、やっぱり可愛いじゃない」

「萌えポイントが増えたからね」

さて、こうして私はここのメイドになったのだけど果たしてこれから何が待っているのだろうか。それは誰にもわからない、うp主も「二話できたけど書き直しだな」って言ってたし。

まあ、私はメイドとして頑張るだけよ。


































輝夜の頑張り物語 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

2009.05.07 Thursday 19:28
- | - | - | pookmark |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kymuromi.jugem.jp/trackback/346

トラックバック