私ヨ

いらっしゃいませ。ここは転載禁止です。ここのSSは実在の団体、名前、その他色々とは異なります。東方の一般的な二次を扱わないサイトですので「PAD長」や「ニート」をwktkしている人は他の素晴らしいサイトに行くことを推奨します。

スポンサーサイト

2009.05.07 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

報告

2009.03.14 Saturday 21:47

竜胆、今まで悪かった。

知らない人は知らない、だから私以外は誰も知らない。

岩鏡竜胆、4年前か3年前くらいに誕生したキャラです。

ですが誰も会ったことはない、何故ならば私があったはずの出番を消したから。

下書きをするようになった今原点に戻ってここだけの小説を書こうではないか。

けれどまだ戦闘や18禁は苦手なんだよな。

自分にとってはオリジナルキャラが集まってありえないコラボをしてくれる小説です。

で、主役が岩鏡竜胆。

今回は名前があるから簡単です。 

あ、もしかしたら岩鏡はヒロインかもしれない。
 




「はい?私が主役?」

出番がなくなってうp主を何時殺そうかどう殺そうか考えていたのにいきなり私に出番でしかも主役って。

「またそんな嘘を吐きますか」

今回も嘘、もし出番があったとしても触手に虐められて公開処刑される戦士の役とか殺される役とか人ではない何かなのだろう。それとも「あ」だけで終わる意味不明超短作とかだろう。あーもう、何時から私は出番があると言われたら疑うようになってしまったのだろうか。去年の夏の「もし今日が世界最後の日だったら」以来からだろうか。

とにかく、私の出番はない。

「岩鏡竜胆、いい名前じゃない」

「関係ありません」

「ニアメ・ニジェール、いい名前じゃないわね」

「名前にいい悪いはありません」

「あるわよ。岩鏡竜胆という名前は花言葉でできた言葉で私の名前は国名、正直言って真剣に考えた度は花言葉よ」

「だから何ですか、出番があるニアメさんの方が大切に扱われているではありませんか」

「実際に膝枕しているし?」

不味い、その言葉を聞いて意識が勝手に。綺麗な銀髪で普段はとてつもなく恐ろしいのに今は私の膝で可愛くしていて、って駄目だ。横になっているから顔は見えないけどきっと可愛いんだろうなあ。

「何年も使われていないのにまだ覚えてもらっているなんて幸せよ?大抵の人はなんでこんな恥ずかしいことをって思って消しちゃうんだから」

「ですが、出番が無いから消されているのと同じです」

「ですが、出番は来ました。ダブルラリアットよ」

ダブルラリアットってなんで赤ブルマ。

「私は疲れたから寝るわ、サブキャラらしいし」

「ニアメさんがサブキャラ!?」

「煩いわね、メイドはサブキャラは常識でしょう?」

「そうですかね・・・」

「そうよ、じゃあおやすみ」

「えっ、ちょっ、まっ」

「・・・」

本当に寝ちゃった。

うーん、また嘘と思うけどどうなんだろう。もし本当だったら嬉しいけどその気持ちを何回も潰されたからな。







月下の銀杏 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

2009.05.07 Thursday 21:47
- | - | - | pookmark |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kymuromi.jugem.jp/trackback/357

トラックバック