私ヨ

いらっしゃいませ。ここは転載禁止です。ここのSSは実在の団体、名前、その他色々とは異なります。東方の一般的な二次を扱わないサイトですので「PAD長」や「ニート」をwktkしている人は他の素晴らしいサイトに行くことを推奨します。

スポンサーサイト

2009.05.07 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

(゜A゜)ウェ?

2009.03.25 Wednesday 11:02
JUGEMテーマ:東方Project

ってDONEさんが言えって。いやいや、批判の話。

えっと、このサイトはそういうところです。マリアリやパチュマリは全く出てきません、多分。

うーん、魔理沙は他にはなかったよな。レミリアはあったようななかったような、ないよな。ぅあ!にとりがあった!やっべおれやっべかんぺきにわすれてたやっべ。そうか、にとりがあったんだ。でも、他には無いよな。早苗は違うと思うしミマ-は・・・どうなるんだろうな。うふふふ、どうなんでしょうねぜ。

それにしても、魔理沙は人気だな。某ハーレム邪眼くらいに人気だよ。

キャラソートなるものを私もしてみた。

1位 アリス(勿論さ!)

2位 輝夜(使うキャラって自然と好きになるよね)

3位 美鈴(まあ、ね)

4位 紫(まあ、ね)

5位 パチュリー(まあ、ね)

4位と5位は紫色に染まった。




追記:「うーん、なんで報告されないの?」と思ってなんとなく東方だとわかるようにしました。これだったらおk?ついでに




これは東方SSだぜ!続きで見れるぜ!




これでおK?






「花見はどうするのか?」

第一声は「見た目だけ賑やかな人形師さんこんにちは」で第二声がそれってこれはもしかして誘いかしら。天狗に誘われるほど1人でいることが寂しく見えるのだろうか。

「そろそろ花見の季節だなと思って色々な人に聞いているのですがアリスさんはどうかなと思いまして」

「行かないわよ、私はインドア派なの」

本当のところは何が起こるかわからないから決まっていないけど私としては行かないつもりだ。

「花見でインドアとは珍しいですね、本当に日本人ですか」

「日本人?」

日本って何よ。どこかの巫女が「私は日本から来ました」って言ってたような気がする。

「よろしければ私と一緒に行きませんか、友達が1人もいなかったらの話ですが」

「私は1人が好きで友達をつくらないの、そんないじめ言葉を使っても意味無いわよ」

「え、魔理沙さんは違うんですか?よくそんな二次作品を見ますけどってそうですねツンデレですねわかります「ま、まりさは・・・///」ですねわかりませんが素直が一番ですよそれだから友達できないんですよ見た目だけ賑やかなアリス・・・マーガトイ、トイ?」

おお、うざいうざいっていう言葉がなかったら今からこの無礼な天狗を亡き者にするのに。それはもう、酷すぎて音を隠さないといけないほどに。

「なんであんなのと仲よくしないといけないのよ、異変で組むのは他に頼む人がいないだけだから勘違いしないで」

本当は霊夢に頼みたいけど何故か私のことを忘れているから仕方なく魔理沙に頼んでいるだけで霊夢の記憶が戻ったら霊夢に頼むようにするつもりだ。魔理沙なんて仕方なくでしかない。

「む、本気で言ってますからツンデレではありませんね。二次作品のアリスさんは稀にヤンになるくらいの魔理沙大好きっ子の一人なのに」

二次作品、ヤン、魔理沙大好きっ子、この天狗は仕事のし過ぎで狂ったのかしら。もしそうだとしたら医者に渡さないといけない、って

「一人って他は誰がいるのよ」

「パチュリーさんとフランドールさんと霊夢さんと咲夜さんです」

「は?」

「パチュマリとマリアリが有名で若干マリサ×アリスの方が人気ですね、うp主調査ではそうで本当のことはわかりませんが」

「・・・病院はあちらよ」

「私はいつでもKENZENな射命丸です」

「そう、よかったわね」

「はい」

パチュリーとフランドールと霊夢と咲夜、ありえるのはフランドールだけ。いえ、咲夜もありえるかもしれない。パチュリーは誰かを好きになる人ではなくて霊夢も誰かを好きになるような人ではない。

「なんでも治せる永淋はあちらよ」

「ですから私はKENZENですって」

ん、なんか”けんぜん”っていう発音が変なような気がする。気のせいよね。そこまで狂う天狗ではないと私は思いたい、見た目は少女だし。重い病気を患うには早過ぎる、かもしれない。




SS 思いつきで書いてみた | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

2009.05.07 Thursday 11:02
- | - | - | pookmark |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://kymuromi.jugem.jp/trackback/373

トラックバック